只今のアクセス数

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貸しメダル金額と交換率





皆さんはパチスロをやる時、どんな基準でお店を選びますか?

もちろん交換率も選択肢の一つで、オーソドックスな等価交換から6枚、7枚交換。

更には8枚交換なんてのもありますよね(昔の大阪はもっぱらコレ)。

いや、何でこんな話をするかというと、最近近くに10円スロットのあるお店が出来て、試しにどんなものか遊びにいったんですよ。

まずは、1000円札をメダルサンドに入れると、ドバッと100枚メダルが出てきました。

あれは、結構気持ちがいいですねぇ。

・・・あっという間に1000円分が無くなり、2000円目に突入(ちなみに機種はキン○マン)。

2000円目が無くなりかけたところでゴングビッグ。そこからARTに入り、一撃で3000枚!

と、ここまでは良かったんですよ。

遊びに来ただけなので、ARTが終わったので帰ろうと、交換したレシートを持って景品カウンターへ。

あれっ!?

自分の予想よりずいぶん少ないんですよ。

店員さんに聞いたら「換金率が半分」なんだそうです!


世の中の状況が状況なので、こういったジャンルが出てきてもアリだとは思いますが・・・

    ・・・自分は、もういいです。





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。